×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

信長の戦い

信長の戦い
信長の戦い
  • 桶狭間の戦い
  • 桶狭間の戦い2
  • 金ヶ崎の戦い
  • 石山合戦
  • 石山合戦2
  • ホーム >>


    信長の戦い

    信長の戦い
    小豆坂の戦い
    小豆坂の戦い(あずきざかのたたかい)は、岡崎城に近い三河国額田郡小豆坂(現在の愛知県岡崎市)で行われた戦国時代の合戦。
    三河側の今川氏・松平氏連合と、尾張から侵攻してきた織田氏の間で天文11年(1542年)と17年(1548年)の2度にわたって繰り広げられた。
    発端は松平氏家中の家督相続をめぐる対立だが、これに領地拡大を図る織田氏と今川氏が介入し、事実上、松平清康の死後勢力の衰えた松平氏に代わる西三河地方の覇権を巡って、織田信秀と今川義元との間で生じた抗争である。
     
    合戦に至る背景
    岡崎城主として西三河の平野部を支配していた松平氏は、松平清康(徳川家康の祖父)のときに三河全域をほぼ平定したが、天文4年(1535年)の守山崩れによって清康が不慮の死を遂げてから一族間の内紛が起こり、動揺していた。
    やがて清康の嗣子松平広忠が、東の駿河国・遠江国を支配する今川義元の後援を受けて岡崎城に戻り松平氏を相続するものの、依然として勢力は不安定だった。
    尾張の南部に勢力を広げ、戦国大名化を進めていた織田信秀は天文9年(1540年)に松平氏の弱体化に乗じて西三河の松平氏の重要拠点である安祥城(愛知県安城市)を手中にし、松平氏の本拠である岡崎城の目前である矢作川のすぐ西までその勢力を伸ばしていた。
     
    第一次合戦
    織田信秀の西三河平野部への進出に対し、松平氏を後援しつつ東三河から西三河へと勢力を伸ばしつつあった今川義元は、西三河から織田氏の勢力を駆逐すべく、天文11年(1542年)8月(一説に12月)、大兵を率いて生田原に軍を進めた。
    一方の織田信秀もこれに対して安祥城を発し、矢作川を渡って対岸の上和田に布陣。
    同月10日(9月19日)、両軍は岡崎城東南の小豆坂において激突した。
    この戦いは、織田方の小豆坂七本槍をはじめとした将士の奮戦によって織田軍の勝利に終わったとされる。
    しかしながら、この第一次合戦については虚構であるという説もある。


    小豆坂の戦い

    第二次合戦
    小豆坂の最初の激突の後、織田氏の尾張・三河国境地帯に対する影響力は高まり、天文13年(1544年)には三河国碧海郡の刈谷城(刈谷市)を中心に国境地帯に勢力を持つ国人の水野信元が、岡崎城主・松平広忠の妻・於大の方の兄でありながら松平氏と絶縁し、今川氏を離反して織田氏に従った。
    この情勢を受けて、松平広忠は織田家に対抗し今川家との関係をさらに緊密にするため、嫡子・竹千代(のちの徳川家康)を人質として今川氏の本拠・駿府に送ることにした。
    しかし、天文16年(1547年)、当時6歳の竹千代の身柄は、護送の任にあたった田原城(愛知県田原市)の城主・戸田康光の裏切りによって織田方に引き渡されてしまった。
    信秀は人質の竹千代を利用して広忠に対し今川を離反して織田の傘下に入るよう説得したものの、広忠は今川氏を頼って織田氏への徹底抗戦の構えを崩すことはなかった。
    同じ頃、織田信秀は嫡男・信長に斎藤道三の娘・濃姫を娶らせて、累年の敵であった美濃の斎藤氏と和睦を推進した。
    これにより北の憂いをなくした信秀は改めて東へと目を向け、奪取した安祥城を橋頭堡として、岡崎城の攻略を企図するに至る。
    こうして天文17年(1548年)3月、信秀は岡崎城を武力で攻略することをめざし、4000余の兵を率いて安祥城から矢作川を渡河、上和田に着陣した。
    今川義元も松平氏救援のため約1万の兵を太原雪斎を大将、朝比奈泰能を副将として出陣させ、同月19日(4月27日)に小豆坂で合戦となった。
    この戦いでは、はじめ今川勢は坂の頂上付近に布陣していたために優勢であったが、織田方の奮戦によって松平隊が崩され、次第に今川方の敗色が濃くなりつつあった。
    ところがこの時、伏兵となっていた今川方の岡部元信が攻勢に転じ、織田本軍に横槍を入れたことで織田勢は総崩れ、再び矢作川を渡って安祥城まで敗走することとなった。
     
    小豆坂の戦い後の織田と今川
    第二次合戦において今川氏・松平氏連合は勝利を収めはしたが、この合戦のあった天文17年(1548年)に松平広忠が家臣の手によって刺殺されてしまい、松平氏の次期当主である竹千代が織田氏のもとに人質としてある以上、岡崎城は無主の状態になってしまった。
    そこで翌天文18年(1549年)、太原雪斎は人質交換によって竹千代の身柄を今川氏の保護下に奪還することをねらい、11月8日(11月26日)から9日(11月27日)にかけて今川軍と松平軍を率いて安祥城を攻略織田信秀の庶長子・織田信広を捕虜として、竹千代と交換する交渉に成功した。
    今川氏はそのまま竹千代を駿府に引き取って松平氏を完全に保護下に置き、西三河の拠点となる岡崎城に今川氏の派遣した代官を置いた。
    一方、安祥城の失陥により織田氏の三河進出は挫折に終わり、さらに天文20年(1551年)には織田信秀が病没、後を継いだ信長とその弟・信勝(後の織田信行)間で内紛が起こった。
    この結果、尾張・三河国境地帯における織田氏の勢力は動揺し、信秀の死に前後して鳴海城・笠寺城(それぞれ名古屋市緑区・南区)を守る山口氏が今川方に投降し、逆に今川氏の勢力が尾張側に食い込むこととなった。
    やがて、弟との争いを乗り切った織田信長は尾張の統一を進めて力をつけ笠寺を奪還、さらに鳴海城の周辺に砦を築き、鳴海城に篭った今川方の武将・岡部元信を攻囲するに至る。
    これに対し、永禄3年(1560年)に今川義元は大軍をもって尾張へ侵攻した。
    鳴海城をはじめ孤立した今川方の勢力を救援し、国境地帯の争いを劣勢から巻き返そうとした。
    この戦役において勃発した合戦が桶狭間の戦いであり、主将義元を失った今川軍は三河から急速に勢力を後退させ、かわって松平元康(徳川家康)に率いられた松平氏が復興することになる。
    まもなく松平氏は織田氏と同盟(清洲同盟)を結んだため、長らく続いた尾張・三河国境地帯の争いは沈静化していった。
      

    稲生の戦い
    稲生の戦い
    稲生の戦い(いのうのたたかい)とは、弘治2年8月24日(1556年9月27日)に、現在の名古屋市西区で起きた戦いである。
    尾張国の有力武将である織田弾正忠家で起きた、織田信長とその弟信勝(信行)との家督争いから起きた戦い。
    「稲生合戦」、「稲生原合戦」とも呼ばれる。
    稲生は、尾張国春日井郡の庄内川に近い場所にある地名である。
     
    合戦以前の情勢と経過
    稲生の戦いを起こした信長と信勝は、織田弾正忠家(以下は単に織田家と表記する)の織田信秀の子である。
    清洲織田氏(織田大和守家)の重臣たる清洲三奉行の一人から頭角を現した織田信秀は、国内の分裂に加え、領土の隣接する三河の松平氏や駿河の今川氏に加え美濃の斎藤氏と争って、一代で尾張国内外に急速に勢力を拡張した。
    しかし信秀は天文20年(1551年)に急死し、跡を嫡男で那古野城主の信長が継いだ。
    一方、信長の同母弟である信勝は兄とは離れ、信秀晩年の居城である末森城に居住した。
    信長は1555年、尾張守護の斯波氏の権威を利用して主筋の清洲織田氏の下四郡守護代織田信友を滅ぼして、尾張守護所の清洲城に移り、父の残した勢力を着実に拡張した。
    しかし、彼は平素から素行が悪く、「うつけ者」と呼ばれるほどであったのに加え、天文22年(1553年)には傅役であった平手政秀が自殺(諫死とされる)する事件があり、家中からは頭領に相応しくないと目されていたという。
    こうした風評に加え、三河との国境の要衝の鳴海城を守っていた山口教継が謀反を起し今川氏に寝返り、また1556年には美濃で政変が起こり、信長の舅であり後ろ盾であった美濃国主斎藤道三が嫡子義龍との戦いで敗死、さらに義龍と手を結んで尾張上四郡の守護代で嫡流岩倉織田氏(織田伊勢守家)が信長と敵対するなど、信長の周辺は困難な情勢が続いた。
    このような状況下で、信長では織田家をまとめられないと考えた信長宿老の林秀貞とその弟林美作守(通具)、信勝老臣の柴田勝家らは、信長を排除し、家中でも評価の高い信勝に家督を継がせようとした。
    そして信勝自身も織田家代々の名乗りである弾正忠を自称し、信長への反抗の姿勢を示した。
    このような不穏な情勢は信長側の察知するところとなり、同年8月、稲生原での合戦に至る。
       

    稲生の戦い2
    稲生の戦い
    稲生の戦いでは、信長方が直属の手勢わずか700人(佐久間盛重、佐久間信盛、前田利家、丹羽長秀ら)であったのに対し、織田家中の多くの武将の支持を集めた信勝方は1700人を擁し、両者の兵力差は倍以上であったと伝えられている〔近年の研究の結果では5倍とされている〕。
    信勝方は兵力の優位に加えて戦上手で知られる柴田勝家の活躍があり、信長方は佐々孫介(佐々成政の兄で小豆坂七本槍の一人)ら主だった家臣が次々に討たれる苦戦を強いられた。
    しかし信勝方の重要な一角である林美作守を信長本人が討つなど信長勢の奮戦により、信勝勢は敗走した(「前日が雨だったので、攻めにくかった」という説もある)。
     
    合戦後の経過
    敗将である信勝は、信長と信勝の母である土田御前の取りなしにより助命され、清洲城で信長と対面して許された。
    また、信勝方の有力武将であった林秀貞と柴田勝家も信長に謝罪、忠誠を誓った。
    後に、信勝は再度謀反を企むが、既に信勝を見限って信長に組していた老臣の勝家のところから計画が漏れ、弘治3年(1557年)11月2日、信長が臥していると聞き訪れた清洲城の北櫓天主次の間で信長の命を受けた河尻秀隆に暗殺された。
    なお、秀貞は20年以上後の天正8年(1580年)に信長によって追放されているが、このとき信長は追放理由として稲生の戦いで信長に叛いたことを原因の1つに挙げている。

    出会い系
    浮野の戦い
    浮野の戦い(うきののたたかい)は戦国時代、尾張国の浮野で起きた合戦のこと。「浮野合戦」とも言う。
    尾張下四郡を支配する清洲織田氏(織田大和守家)の守護代織田信友を萱津合戦で破り自刃させ、さらに弟織田信勝との内訌(稲生の戦い)に勝利した織田弾正忠家の織田信長は守護の斯波義銀をも追放し、尾張の支配を固めつつあったが、尾張上四郡を支配していた嫡流岩倉織田氏(織田伊勢守家)の守護代織田信安はいまだ健在であった。信安は織田信秀の妹を妻とし、若年の信長とも私的に交流があった人物であるが、長良川の戦いの際には隣国美濃斎藤義龍と手を組み信長を攻撃するなど、当時は敵対関係にあった。
    ところが、信安は長子の信賢を遠ざけ次子の信家を跡継ぎとしようとしたため、かえって信賢に追放されていた。
    岩倉織田氏の内紛を見た信長は信賢との戦いに備え、父織田信秀死後独立勢力化していた犬山城主織田信清に対し、自分の妹を嫁がせ味方に組み入れた。
    そして1558年(永禄元年)、信長は2,000の軍勢を率い出立し、浮野の地において3,000の軍勢を率いる信賢軍と交戦した。激戦が続いたが、信長の元へ信清の援軍1,000が到着すると形勢は一気に傾き、信賢軍は壊滅。
    1,200を超える死者を出し信賢は岩倉城へ敗走した。 翌年の1559年(永禄2年)、信長は軍勢を率い、信賢の本拠岩倉城を包囲。数ヶ月の篭城戦のあとに信賢は降伏した。
    のちに信長は信清も追放し、尾張統一を完成させた。
    信賢のその後は不明であるが、先に追放されていた信安はのちに赦免され総見寺の住職になっている。
    この浮野の戦いにおいて岩倉勢として活躍した林弥七郎は先年の稲生の戦いで戦死した林美作守の縁者と云われる。
    弥七郎は弓の名手であり、信長方の鉄砲の名手橋本一巴と組討ちを演じたが痛み分けとなり、また、前田利家の弟の佐脇良之の右肘を斬り、負傷させたものの最後は良之に討ち取られている。
    その他、岩倉勢には後に大名となる山内一豊の父の山内盛豊や堀尾吉晴の父の堀尾泰晴も参戦していた。
    出会いの中に発想有。

    Yahoo!検索